歯槽膿漏の薬、ジスロマック、ファンギゾンシロップ

zithromac.jpg

ジスロマック(アジスロマイシン)は1日1回2錠、3日間の服用で歯槽膿漏の嫌気性菌に対して、強い抗菌力を発揮する抗生物質です。ファゴザイトデリバリーという特殊な性質により、感染局所に非常に大量に集結し、より強く、長期的(7日〜14日)に抗菌力を発揮します。副作用が非常に少ない抗生物質であることも、特徴の一つです。

fangizonel.jpg

ファンギゾンシロップ(アムホテリシンBシロップ)は、元々は歯槽膿漏の薬ではなく、体内の消化管にカンジダ菌(真菌)が増殖したときに使う薬です。ただ消化管からはほとんど吸収されないので、全身的な真菌感染症には効果がありません。(歯槽膿漏の薬として使用するのには、その方が都合が良いのです。)
歯槽膿漏の薬として使用する場合には、通常の歯磨きの後、ファンギゾンシロップを直接口にいれ、その状態で歯ブラシなどで口の中に満遍なくファンギゾンシロップを行き渡らせます。30分間うがいをしないで、そのままにした後、ファンギゾンシロップを飲み込みます。(飲み込まなくても大丈夫ですが、飲み込んだほうが、より効果的です。)
効果は歯槽膿漏の程度により個人差がありますが、大体1週間で歯茎に違いが出てきます。また事前に歯科医院で歯垢や歯石を取っておいたほうが、より効果的です。

歯槽膿漏の薬の治療例(58歳男性)

drug1-before.jpg
歯槽膿漏で歯が揺れて、歯茎も常に腫れているとのことで、いらっしゃった方です。
かなり重度の歯槽膿漏でしたので、全体を治療する必要がありましたが、治療の一環として 歯槽膿漏薬(ジスロマックとファンギゾンシロップ)を併用してみました。
また、奥歯がなくなったことによって、噛み合せが深くなってしまい、 前歯、残った奥歯、共に噛み合
せの負担が過度に掛かっている状態でした。             治療前
 
 
 
 
drug1-after.jpg
治療後の写真です。
歯槽膿漏の処置をすべての歯と歯茎に施し、 ブリッジタイプの差し歯で歯を繋ぎました。
ややわかりにくいかも知れませんが、歯槽膿漏薬を併用したことにより、歯茎の 状態は治療前よりかなり改善しています。
また、低くなってしまっていた全体の噛み合せを高

くして、全体的に噛み合せを正常な高さに戻し 、           治療後
差し歯によって安定した噛み合せの基本(犬歯誘
導)
の状態を作りましたので、前歯、奥歯、共に負
担が掛からないバランスの取れた噛み合せになり

ました。
治療後は歯槽膿漏薬の長期服用を避けるため、

パーフェクトペリオホームケアを使用していただくこと
で、治療後も歯と歯茎の良い状態を長く保っています

 
 

パーフェクトペリオの詳細についてはこちらをご覧ください。

 

 
 
 
 
 

歯槽膿漏の薬の治療例(61歳女性)

p-case-k-upper-before.jpg

他の歯科医院で、『全部歯を抜歯して総入れ歯にする』と言われ、セカンドオピニオンを求めていらした方です。

診査の結果、お口全体で歯槽膿漏が進んで、全体的な歯茎の腫れと出血が見られ、歯も何本も揺れているのが確認できました。

全体的な治療と共にジスロマックとファンギゾンシロップを併用してみました。                                

                                      歯槽膿漏の治療前

 

 

p-case-k-upper-after.jpg

歯槽膿漏の治療後の写真です。

一本ずつの歯を支えている歯槽骨の量が少なくて歯が揺れている部分を補うため、すべての歯を ブリッジタイプの差し歯でつないで固定しています。残念ながら、数本は抜歯になりましたが、他の歯は抜かないで残せました。

全体的に歯槽膿漏の処置も行ったので、歯茎も健康になり出血もなくなりました。

ジスロマックとファンギゾンシロップを併用したことに        歯槽膿漏の治療後

より、歯茎の状態は治療前よりかなり改善しました。

また、治療後は歯槽膿漏薬の長期服用を避けるた

め、パーフェクトペリオホームケアを使用していただ

くことで、治療後も歯と歯茎の良い状態を長く保って

います。

歯槽膿漏の薬の治療例 (58歳男性)

drug1-before.jpg

歯槽膿漏で歯が揺れて、歯茎も常に腫れているとのことで、いらっしゃった方です。

かなり重度の歯槽膿漏でしたので、全体を治療する必要がありましたが、治療の一環として 歯槽膿漏薬(ジスロマックとファンギゾンシロップ)を併用してみました。

また、奥歯がなくなったことによって、噛み合せが深くなってしまい、 前歯、残った奥歯、共に噛み合せの負担が過度に掛かっている状態でした。

                                              

 

 

drug1-after.jpg

治療後の写真です。

歯槽膿漏の処置をすべての歯と歯茎に施し、 ブリッジタイプの差し歯で歯を繋ぎました。

ややわかりにくいかも知れませんが、歯槽膿漏薬を併用したことにより、歯茎の 状態は治療前よりかなり改善しています。

また、低くなってしまっていた全体の噛み合せを高くして、全体的に噛み合せを正常な高さに戻し 、差

し歯によって安定した噛み合せの基本(犬歯誘導)

の状態を作りましたので、前歯、奥歯、共に負担が

掛からないバランスの取れた噛み合せになりました。

治療後は歯槽膿漏薬の長期服用を避けるため、

パーフェクトペリオホームケアを使用していただくこと

で、治療後も歯と歯茎の良い状態を長く保っています。

パーフェクトペリオについての詳細はこちらをご覧ください。