根の病気からの歯槽膿漏

一般の方々は歯の根の病気から歯槽膿漏になるの?と不思議に思われるかもしれません。
厳密に言うと、歯の根の病気による歯槽膿漏は、歯槽膿漏の分類には入りません。
でも歯の根の病気が進むと歯槽膿漏に酷似した症状が出てきます。

根の病気からの歯槽膿漏の原因

根の病気からの歯槽膿漏の原因は、神経の治療をした時の根の治療がうまくいっていないことが原因になっている場合が、ほとんどです。

根の病気は大きくなると、歯槽骨を突き破って、歯周ポケットと繋がってしまう場合があります。

こうなると、歯歯槽膿漏と類似した症状が出ますので、患者さんは一般的な歯槽膿漏と思われますし、症状が進むとレントゲン上でも、歯槽膿漏と区別するのが難しい場合もあります。

根の病気からの歯槽膿漏の症状

根の病気からの歯槽膿漏の症状は、中等度から重度の歯槽膿漏と似ています。

*物を噛むと痛む

初期は、なんとなく痛みを感じる時が時々ある程度ですが、症状がある程度すすむと物が噛めなくなるほど痛くなることもあります。

*歯が揺れる

歯の揺れは、症状がすすむほど顕著になってきます。

*歯茎が腫れる

歯の揺れ具合と平行して、歯茎が腫れることもあります。