歯槽膿漏の治療例7

歯槽膿漏の治療例(52歳女性)

 

歯槽膿漏の治療前 (52歳女性)

gingivitise-os-front-before-217-s.jpg

上の歯全体が歯槽膿漏でぐらぐらしていらした方です。

特に上の前歯は歯槽膿漏により歯茎がえぐれて歯がかなり揺れていました。

 いままで他院で長年歯垢や歯石取りなどの歯槽膿漏治療をされていましたが、症状が進むばかりだったそうです。

また、安定した噛み合せの基本(犬歯誘導)が歯並

びの関係で確立できていない状態でした。

歯槽膿漏の治療後 (52歳女性)

 gingivitise-os-front-after-217.jpg

歯槽膿漏の治療後の写真です。

歯槽膿漏により上の特に前歯の一本ずつの歯を支えている歯槽骨の量が少なくて歯が揺れている部分を補うため、 前歯の歯を ブリッジタイプの差し歯でつないで固定することにしました。

全体的に歯槽膿漏の処置も行ったので、歯槽膿漏だった歯茎も健康になり 、歯茎のえぐれや揺れもなくなりました。

また、差し歯により、犬歯誘導も確立したので、奥

歯に負担が掛からない理想的な噛み合せになりま

した。

治療後はパーフェクトペリオホームケアを使用して

いただくことで、治療後も歯と歯茎の良い状態を長

く保っています。